入れ歯が緩くなるのを防ぐには

入れ歯は歯グキの上でしっかりと安定していなければなりませんが、場合によっては、緩くなり、以前ほどぴったり合わなくなったと感じることがあります。

これはごく自然なことです。よい装着感を保ち、以前のように自信を持って生活を続けるためにできることがあります。

woman laughing with friends

入れ歯が緩くなるのはなぜでしょう?

入れ歯が緩くなるにはいくつかの理由があります。その多くはごく自然なことです。入れ歯が緩くなる理由として最も多いのは、骨の再吸収と呼ばれるプロセスです。歯グキは、自分の歯を支える必要がなくなると徐々に縮んでいきます 。

骨の再吸収を防ぐ方法の1つは、できるだけ顎を使うことです。固い食べ物を噛むことが、歯ぐきを強く健康に保ちます。バランスの取れた食事も再吸収を防ぐ重要な要素です。多品目の栄養豊富な食品を食事に取り入れるようにしましょう。

また、入れ歯が緩くなる原因として、毎日のお手入れも関係があります。夜は入れ歯を外すなど、正しい入れ歯のケアを実践することは、入れ歯にも歯グキにも大切です。

*かかりつけの歯科医から夜もつけるよう言われている方は歯科医の指示に従ってください

入れ歯が緩くなったことはどうしたらわかりますか?

入れ歯が緩くなっていることを知る方法はいくつかあります。ほとんどの場合、入れ歯が緩くなると、ずれやすく、ぴったり合わなくなったと感じます。話すとき入れ歯がカチカチと音を立てたり、軽い不快感があったりします。さらに、口がヒリヒリしたり、食事の時に問題があったりします。

入れ歯にこのようなことが起こっていると気づいたら、できるだけ早く、かかりつけの歯科医を受診することが大切です。歯科医は、 入れ歯安定剤 を使うか、入れ歯を 調整  するか、入れ歯の再作成が必要か、アドバイスしてくれるでしょう。

その他のアドバイス