入れ歯をきれいにするには

孫と近づく義歯使用者
孫と近づく義歯使用者

自然歯と同じように、入れ歯にも歯垢や歯石、ステインが付きます。お口の状態を、見た目と快適さ共に最善の状態に保つために、日常の入れ歯の洗浄をお勧めします。入れ歯洗浄剤を使用すると隅々まできれいになりますが、ブラッシングは歯垢やその他の汚れを除去します。どちらもお口と入れ歯を健康に保つために役立ちます。

入れ歯洗浄の3つのステップ

自然歯を歯ブラシで磨くのと同じように、これは簡単な手順です。次に紹介する簡単な3つのステップで入れ歯を洗浄して、健康的な笑顔を保ちましょう。

ステップ1:浸す

水やぬるま湯に溶かした洗浄剤に入れ歯を浸します。熱いお湯は入れ歯を損傷させるため使用しないでください。製品のパッケージに記載された時間、入れ歯をつけ置きします。入れ歯が完全に浸かるだけの十分な量の水が必要です。入れ歯をブラッシングすると歯垢が落ちやすくなりますが、洗浄液に浸すとブラシが届かない汚れがしっかり落とせます。毎日のお手入れにポリデントを使うと、入れ歯のニオイの原因菌を99.9%取り除くことができます*。弊社の入れ歯洗浄剤ラインナップはこちら からご覧いただけます。

ステップ2:ブラッシング

やわらかい歯ブラシと洗浄剤を使って、やさしく入れ歯をブラッシングして、残った汚れを取り除きます。毎日の入れ歯のお手入れに適した専用の入れ歯ブラシがあります。通常のハミガキ粉使用は避けてください。研磨材の影響で入れ歯の表面に細かい傷がつき、細菌の繁殖を招く恐れがあります。入れ歯の表面を専用の洗浄剤を使ってまんべんなくブラッシングすると、念入りにお手入れされた入れ歯によってお口の衛生状態が良好になり、自信を保つことができます。

ステップ3:すすぐ

洗浄液に浸してブラッシングした後、流水でしっかり入れ歯をすすぎます。

入れ歯をきれいにする正しい方法を知り、毎日のお手入れを習慣にすると、総入れ歯または部分入れ歯をできるだけ清潔に保つことができ、自信を持って毎日の生活が送れます。

* GSK調べ(in vitro)