様々な年齢の人にとっての入れ歯

外で食事を楽しむ義歯使用者(女性)
外で食事を楽しむ義歯使用者(女性)

入れ歯が上手くフィットすると、再び笑顔を取り戻し、自信を持って生活できるようになります。入れ歯は高齢者だけのものではありません。どのような年齢の人でも、医療用の目的、事故の後、その他の理由で入れ歯を作る場合があります。

自信を持って前に進む

部分入れ歯でも総入れ歯でも、できるだけ自然に見えるように作られているため、入れ歯を装着している ことを知らせない限り誰にも気付かれないでしょう。入れ歯だからといって、あなたの生活で何かを我慢することはありません。気懸かりなことがあれば、ご家族やご友人、若い入れ歯使用者に話せば気持ちが楽になるかもしれません。

歯科医を受診するとき、新しい入れ歯 の色や形について自分の意見を言い、望んだものになるようにしましょう。色や形を選ぶ参考のために過去の写真を持参するのも良いでしょう。こうすると、かかりつけの歯科医が入れ歯をあなたの自然歯にできるだけ合わせることができます。

入れ歯は歯グキにぴったり合うように作られるため、自信を持って食べたり、話したり、笑ったりできます。入れ歯安定剤を使うと、お口の中でさらに安定感が高まります。

サポートを探す

若い入れ歯使用者向けに多くのサポートネットワークがあり、入れ歯を装着するときに不安が和らぐような支援が受けられるかもしれません。歯科医に相談すると、入れ歯のお手入れ方法や、良好な適合や快適さが得られるようアドバイスをしてくれます。

同じ状況の他の若い人と話すと、入れ歯の装着時に気持ちが楽になるかもしれません。多くのオンラインフォーラムがあり、そこでは同じように若くして入れ歯を装着することになった人たちとチャットできます。

友人たちと外出するときも、大切な人の近くに行くとき も入れ歯の装着によって自信が持てるようになるはずです。入れ歯を装着していることを、サポートしてくれそうな家族や友人に知らせると、これまで通りの生活が送れるよう手を貸してくれるかもしれません。