入れ歯で食べる喜びを取り戻すために

Woman eating food
Woman eating food

入れ歯を使用される多くの方にとって、食事の時聞がまるで試練のように感じることがあるかもしれません。しかし、食べることを再び楽しみにする簡単な方法があります。

入れ歯に慣れ始めた頃には、入れ歯と歯ぐきに挟まりやすい小さな種がある果物や、弾力のあるお肉など、敬遠してしまう食べ物が出てきます。
「入れ歯でも食べられるだろうか」「入れ歯でどうやって食べればよいのだろうか」と思ったことはありませんか?

自宅にいても、外食のときでも、食事に楽しみを取り戻すための 5つのヒントをご紹介します。

1.無理に噛まないこと

入れ歯をする前の食事に一気に戻すのではなく、徐々に食事に向き合うことが、さまざまな食べ物に慣れるのに役立ちます。一度試してうまく行かなかったからといって、好きな食べ物を永遠に諦める必要はありません 。無理に噛まないように注意しましょう。

2.入れ歯安定剤の使用

新ポリグリプ 極細ノズルは、より細い絞り口を備えた極細ノズルが特長で、より薄く、的確に塗布することができます。従来品よりも36%広がりやすくなっています(※GSK調べ、上顎総義歯、適正な使用方法の場合) 。これにより、入れ歯をしっかり安定させ、入れ歯と歯ぐきの間の密閉度を高めて、食べかすが挟まるのを防ぎます。また、食べることで入れ歯が所定の位置からずれるリスクを低減します。このようにして保持力と安定牲が向上することで、噛む力が向上 します※※ (※※GSK調べ、入れ歯安定剤未使用との比較)。

3.細かな食べかすの侵入を防ぐ

部分入れ歯や総入れ歯で食べているとき、食べかすが入れ歯と歯ぐきの間に挟まることをよく経験します。これが違和感や不快感につながります。このような場合には、入れ歯安定剤が役立ちます。入れ歯をしっかり安定させて、入れ歯と歯ぐきの間を密閉するからです。

4.いきいきとした生活を

入れ歯で食べる時に経験する問題の多くは改善できるもので、永遠に続くものではありません。入れ歯で食べられないものを何とか食べようと固執するのではなく、食べられるものから徐々に慣れていくことが、入れ歯を使った新しい生活になじむための前向きな心構えを保つ秘訣となります。

5.ゆとりを持って生活する

入れ歯をつけ始めたころや、ヒリヒリする痛み・入れ歯のズレといった問題を抱えた時には、無理な食事の機会を控えた方が良い かもしれません。そんな時は食べること自体が生活の苦痛にならないよう、気をつけてください。レストランや映画に出かけたり、家族のお祝いをしたりと、食事を楽しむ機会を持ちましょう。

入れ歯で食事する時に直面する悩みは、あなたに限ったことではありません。
食事を工夫したり、新ポリグリップ 極細ノズルのような入れ歯安定剤で入れ歯をしっかり安定させることで違和感の原因となる食べかすが挟まることを防いだりと、ご自身で問題を改善するのに役立つ方法があります。自分にあった正しい手順を踏めば、食べる楽しみが失われることなく、生きる喜びを感じられることでしょう。