入れ歯のオーバーバイト(垂直被蓋)や反対咬合

笑顔の義歯使用者(男性)
笑顔の義歯使用者(男性)

入れ歯の嚙み合わせが良くないと不快感がありますが、歯科医は入れ歯の適合を良くして快適に食事やおしゃべりを楽しめるよう、問題の解消を助けてくれます。

入れ歯を装着することで自信を取り戻せるため、どうしたら装着感がよくなる かについて、かかりつけの歯科医と相談するのは意味があることです。

どのようにして入れ歯が過蓋咬合や反対咬合を起こすのか?

自然なアゴの歯列から、ほとんどの人は若干の過蓋咬合または反対咬合といわれています*。入れ歯の過蓋咬合/反対咬合は、口を閉じた状態で、新しい歯が後ろから前に完全にまっすぐ並んでいないことを意味します。この状態は、アゴを閉じたときに快適でなく、食べたりしゃべったりするときに不快感 があります。

*GSK調べ

歯科医は、自然歯に問題がないか確認するために、患者さんの咬合関係を長期間にわたって観察しますが、入れ歯の場合も同様です。時間とともに嚙み合わせに問題が起こったら、入れ歯の適合が悪くなっているのかもしれません。その場合は、かかりつけの歯科医を受診すると良いでしょう。

問題の原因を見つけるために、歯科医と相談 しましょう。時間とともに入れ歯の適合が少し悪くなり、過蓋咬合または反対咬合になっている場合、歯科医が単に入れ歯を調整するだけで改善することもあります。

すぐに元通りの快適な生活を取り戻せるでしょう。