入れ歯安定剤の必要性

外で食事を楽しむ義歯使用者(女性)
外で食事を楽しむ義歯使用者(女性)

入れ歯を装着してお口の中で安定していると感じると、毎日の生活に自信が持てます。入れ歯安定剤は入れ歯が飛び出さないようにするものと思われがちですが、安定性と装着感を高め、友人と笑ったり、好きな食べ物を楽しんだり、快適な日常生活が送れるようなります。

ポリグリップ® 入れ歯安定剤にはクリームタイプ、粉末タイプ、などがあり、入れ歯をしっかりと固定します。入れ歯安定剤は、次のような場合に特に便利です。

食べること

やわらかい物や小さく切った物で慣らす最初の期間が過ぎると、好きな物を食べ.たくなる でしょう。入れ歯安定剤は、細かい食べカスが入れ歯と歯ぐき の間に挟まりにくくするため、食事が楽しめるようになります。

話すこと

入れ歯安定剤を使うと、人前でも自信が持て、親しい人と近くで話せるようにもなります。初めて入れ歯を装着した後は、発音するのが難しいと感じる言葉があるかもしれません。入れ歯安定剤は、笑ったり話したりするときに入れ歯のずれを和らげるため、気懸かりなことがひとつ減ります。

装着感に慣れる

入れ歯安定剤は、新しい入れ歯に慣れるのを助け、入れ歯が飛び出すのではないかという心配を和らげるため、装着当初から自信を与えてくれます。ただし安定剤は、ぴったり合った入れ歯の代わりになるものではないので注意が必要です。時間の経過とともに、入れ歯がゆるくなり、修理や作り直しが必要となることがあります。以前のように入れ歯が合っていないと感じるようになったら、かかりつけの歯科医に相談しましょう。

かかりつけの歯科医は、入れ歯の安定に目を配り、あなたが気になりそうな点を話してくれるかもしれません。入れ歯が安定し、快適にフィットしていれば、自信を持って日常生活を送ることができます。