入れ歯で話す

笑顔の義歯使用者(女性)
笑顔の義歯使用者(女性)

入れ歯を装着したからといって、決して日常会話を控えることはありませんが、最初は発話に影響を及ぼすのも確かです。しかし、新しい入れ歯を装着して相手に聞き取りやすく話せるようになるために、いくつかの簡単なコツがあります。

繰り返す、発音する、音を伸ばす

新しい入れ歯を装着したら、発音するのが難しいと感じる言葉があるかもしれませんが、これはごく自然のことです。よく使う言葉や語句を繰り返したり、音を長く引き伸ばしたりして練習すると、入れ歯を装着してもうまく話せるようになります。口を効果的に訓練して、入れ歯を装着した状態ではっきりと発音できるようにします。「サ行」や「ハ行」の音は最も難しいので、これらを含む言葉をよく練習しましょう。

音読する

真剣に発音に取り組み始めたら、入れ歯を装着して話すことに自信を取り戻す必要があります。新聞や本を音読してみましょう。この訓練は、入れ歯を装着した状態の自分の声に慣れ、話す自信を取り戻すのに役立ちます。また、スピーチの練習をするときのように、話すときに鏡を見てみましょう。こうすると、話すときのパターンが、入れ歯を作る前と変わらないことを確かめられます。

会話をする

家族や友人と会話することは、話すことを促し、話し方を総合的に向上させる最も良い方法です。親しい人に話し方のパターンを聞いてもらうのは大いに助けになります。どの言葉が難しく、練習が必要かを教えてくれるでしょう。入れ歯を装着して会話すると、本来の自分を取り戻したように感じ、自信を取り戻すきっかけになります。

このような訓練を試しても、入れ歯を使う生活に慣れるのが難しい場合には、かかりつけの歯科医に相談してください。歯科医は、入れ歯安定剤 など、あなたが笑顔を取り戻すためにさらなる助言や情報を与えてくれるでしょう。